special

ウレタンの断熱性能について

断熱材としては、ウレタンもよく用いられます。でも、ウレタンの断熱性能はどの程度なのでしょうか?今回のブログでは、この話題についてご紹介します。

断熱材の性能を示すためには一般に、熱伝導率という数字が使われます。熱伝導率の数値が小さいほど、熱が伝わりにくいので、断熱性能が良いことになります。

そして、硬質ウレタンフォームの熱伝導率は0.024です。これは、私どもクローバーホームを含む断熱リフォーム業者がよく用いる高性能グラスウールの熱伝導率0.038より低いです。つまり、硬質ウレタンフォームの方が、高性能グラスウールより断熱性能が良いです。

でも、硬質ウレタンフォームは高性能グラスウールよりは燃えやすく、白アリに弱く、耐久性、防音性または吸音性も低く、価格が2.53倍もします。これらの理由のため、私どもは、硬質ウレタンフォームよりも高性能グラスウールを多用しております。ただ、硬質ウレタンフォームには、接着剤なしで接着する「自己接着性」という高性能グラスウールにはない特徴があり、金属やコンクリートに向いているので、軽量鉄骨造のお家を断熱リフォームする際にお勧めです。