special

断熱リフォームの利点

断熱リフォームを行う際には、現在住んでいる住宅の断熱や気密の工法を確認して、予算に応じた上でどれくらいのレベルまで性能を引き上げることができるかを検討します。
最近の新築住宅なみの気密や断熱性を得ようとすれば、柱などの基本構造を残しただけの大規模なリフォームになってしまい、建て替えることとの比較検討になってしまうこともあります。
屋根や外壁、内壁、床などをリフォームする際に、同時に断熱材を入れれば予算は控えることができます。
比較的工事を簡単に済ませて、低予算での断熱リフォームをするならば、開口部のリフォームがオススメです。
窓ガラスを複層硝子にしたり、既設の窓に内窓などをつければ、断熱効果だけでなく、防音も期待できます。
また、省エネ基準が低かった頃に建てられた住宅は床下に断熱材が入っていない場合もあるため、断熱材を入れればより快適に過ごすことができます。