special

遮熱・断熱Low-E複層ガラスのご紹介

Low-E複層ガラスという、2枚のガラスを用い、その片側の内面に特殊金属膜をコーティングしたガラスがあります。その特殊金属膜を室外側ガラスか室内側ガラスにコーティングしているかで、「遮熱」タイプと「断熱」タイプに分かれます。

このうちの遮熱タイプは夏の日差しをカットするタイプで、日射熱が部屋に侵入することを防ぎます。紫外線による色あせの防止にも効果的です。

対して断熱タイプは冬の暖房熱を外へ逃がさず、かつ太陽光を採り込むタイプで、室内の熱を外に逃がしません。不快な結露の発生も抑えてくれます。

これら2種の複層ガラスは、どの方角の窓かで使い分けることが重要です。

北面はほとんど日射熱の影響を受けないので、断熱タイプを選択しましょう。

そして南面にも断熱タイプを選びましょう。夏の日差しが強いので、遮熱タイプがよいと思われがちですが、冬場に取り入れたい日差しがカットされてしまうからです。

東・西面には夏の太陽光が差してくるので遮熱タイプを選択します。

これらのLow-E複層ガラスをご検討いただけるのでしたら、是非弊社クローバーホームにおまかせください!