special

気密住宅や高気密住宅は断熱性能の高い住宅でもあります。

私どもクローバーホームのような住宅リフォーム業界には、気密住宅という用語があります。気密住宅とは、住宅金融機構の仕様書によると、床面積あたりの平均隙間面積つまり相当隙間面積が5cm2/m2以下の住宅のことです。

でも最近では「高気密住宅」という用語の方がよく使われていまして、これは相当隙間面積が2cm2/m2のことです。

このように気密住宅や高気密住宅は、隙間の少ない住宅ですから、無駄な熱損失がありません。ですから、これらは断熱性能の高い住宅でもあります。

そして、断熱リフォーム工事により、皆様のお住まいを気密住宅や高気密住宅に変えることは簡単にできます。

ですから、これらの住宅に関心をお持ちの方は、遠慮なくご相談下さい。