special

防音の原理を知って断熱材で防音効果を狙いましょう

密集する住宅群における生活では、防音対策の必要性が強くなってきます。
この防音とは、言い換えると、外に音が漏れないようにすることです。
そのために、音を跳ね返す遮音と、音を吸収する吸音が必要です。

吸音は、音を吸収することによって音を無くすものだと分かりますが、音を跳ね返す遮音は何故外に音が漏れないのでしょう?
それは具体的に言うと、音源が部屋の中にあるとすると、壁やドア、天井で跳ね返すことによって、外に音を通さず遮断する、という意味なのです。

いずれにせよ、防音は生活において必要なことです。そして遮音は主に壁が担当しますが、吸音は弊社では断熱材によってその役割を果たそうと考えております。

弊社クローバーホームでは、この断熱材に主にグラスウールを用いています。

このグラスウールは、他の断熱材である発泡プラスチック系と比べて、とても十分に吸音性があります。むしろ、発泡プラスチック系の断熱材は、吸音性はほとんどありません。

ですので、弊社の断熱リフォームによって、高い防音効果を出すことができると言えるでしょう。